ジャズライブの話し

ジャズライブ開催(4.13)~江藤良人 50th Birthday, Jazz Concert with Friends(めぐろパーシモンホール 小ホール)

春がやってきますね。新しいなにかと出会いたい。新しい外界からの刺激なのか。新しい自分の中の欲求なのか。どれかは分からないけど新しいものに出会いたいんだ。

そんな気持ちの春にぜひ聴きに来てほしい “創造力あふれるジャズコンサート” を開催できることになりました。

新しい “なにか” に出会いたい人へ

新しいなにかに出会いたくなったとき、あの人と話したいなと誰かを思う。映画を観ようとしてみたり、余裕があれば本を読むこともあります。

新しいなにかに出会いたいのに、何も考えたくない時は、スマートフォンでゲームをして “想像したがっている脳” をなんとなく満足させようとすることもある。

攻略法を考えることは想像している気になれる近道に思えているのかもしれないなとうっすら気づいているのに、ついつい。

ジャズライブで芽吹く “生きる力” のこと

新しいなにかに出会いたいとき “素晴らしい音楽家のジャズライブ” を聴く時間は、ぜひ選択肢の一つに入れていただきたいお勧めのすごし方。

素晴らしい音楽家の生演奏は、わたしたちの中に眠っている “生きる力” のようなものをすーっと “自然に” 引き出してくれると感じます。

すーっと力が漲ってくる。

力の源になるのは、体のなかで休眠している生きるリズムのようなもの。他にも、音楽に反応して降ってくる言葉、ふいに思い出す小さな出来事、見知らぬ景色、というように、ふだんは脇においやって “いまは関係のないもの” としてしまう、でも本来は大切にしたいと無意識に願っている何かが生演奏の感動のなかですーっと降ってくる

雑念を忘れて聴く音楽。

別世界に没入できる感覚は、映画館でみる映画にも似ているかもしれません。映画とちょっと違うのは、目の前にいるミュージシャンが “現在進行形で魅せてくれる演奏” が聴くまえには全く想像できないことでしょうか。

“聴くわたしたち” が音楽家たちの何を観て、何に感動するのか

化学反応のようにして生まれる “奇跡的な感動” は、始まる前には誰も(ミュージシャンも)想像していない、思いがけないところに連れていってくれることがある。

こんなふうに音楽に導かれて新しいなにかが芽吹く感覚は、本来暮らしに欠かせないものなのかもしれません。

この日にしか出会えないジャズライブ

ジャズミュージシャンが面白いのは、その日の空気によってまったく違う演奏を生んでしまうところだと思います。同じ楽曲でも同じ譜面をみていてもまったく違うライブになる。

この日に集まったメンバーの、この日の演奏は、この日だけ。

この日この場所に集まった皆さんとしか感じあえない、ミュージシャンのあいだに流れる “まだ見ぬ何か” をぜひ共有しに来てください。.+:。゚☆

江藤良人 50th Birthday, Jazz Concert with Friends

ドラマー江藤良人さんの50歳お誕生日の前夜にスペシャルジャズコンサートを開催します。

2021年に発売したアルバム『ETOISM』(e-onkyo music視聴)という、”江藤良人+1″ で構成された “デュオの演奏” だけを集めたデュオアルバム。ここに参加している素晴らしいミュージシャンが一堂に会するなかなかみられない機会の2回目となりました。

前回(2022年5月)ラルゴ音楽企画(コチラ)さん主催で開催された保谷こもれびホールのコンサートでは、演奏中のステージで出演者のみなさんも思わず「バンドにしようよ」「またやりたいね」とまわってきたマイクを握り、コメントしていたことを思い出します。

これだけ多忙なメンバーが集まれるのは、ミュージシャンの皆さんにとっても中々ない貴重な機会なんですね。ミュージシャンも楽しみにしているコンサートは、テンションもアゲアゲです。この機会をぜひ、一人でも多くの皆さんに楽しんでいただけると嬉しいです。

ジャズライブ開催概要

日にち:2023年4月13日(木)
時間 :19時開始(18時30分開場)
場所 :めぐろパーシモンホール 小ホール
住所 :東京都目黒区八雲1丁目1−1

出演 :江藤良人(ドラムス)
    類家心平(トランペット)
    田中邦和(テナーサックス)
    石成正人(ギター)
    スガダイロー(ピアノ)
    秋田紀彰(ベース)

【ご予約方法】
〈2023/4/13 Yoshihito Eto 50th Birthday〉
 チケットぴあ、イープラス、めぐろパーシモンホール窓口、メール申込み、出演者から

■チケットぴあ
 Pコード:236800
 購入は コチラ から
 
■イープラス
 購入は コチラ から

■メール申込み
 デザイン紙チケットをご希望の方はこちらへ
 メールアドレス:cordial.o.o.2015[at]gmail.com
 ※お名前、人数、をご記入のうえお申込みください。
 ※at を @ に変えてお送りください。
 ※デザイン紙チケット販売枚数には限りがあります。

ジャズライブのフライヤーとチケットデザイン

フライヤーは、ミュージシャンの出演するライブハウス、めぐろパーシモンホールなどにも置かせていただきます。ぜひ手に取ってご覧になってください。

ETO 50th Birthday Live Show

フライヤーのトータルデザインは、内野いずみさん(ISNEAR代表)。ミュージシャンの絵入り〈JAZZ SPECIAL LIVE SHOW〉の文字デザインは、黒羽照葉さん(ヘンテコレクション代表)にそれぞれお願いしました。

チケットは、『イープラス』『チケットぴあ』で購入いただけますが、『パーシモンホール窓口』『ミュージシャンから直接購入』『メール申込み』でご予約いただく皆さんには、フライヤーとセットでデザインしていただいた素敵な紙チケットをお渡しできます。ぜひお声がけください。

ミュージシャンのプロフィール

江藤良人 YOSHIHITO ETO, DRUMS

1973年生まれ、三重県鈴鹿市出身。10歳からドラムを始める。1996年からプロ活動を開始しほどなくモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
近年ソロライブ活動にも力を入れ、全国各地で一人で聴かせるドラムパフォーマンスを展開中。ひとつのステージを作品としてまとめあげる舞台構成や演出の才能にも要注目。現在、多彩なグループ、セッションで全国を精力的に行脚中。2021年8月『江藤良人/ETOISM』、10月『江藤良人/LIVE ALBUM 2020』をリリース。

類家心平 SHINPEI RUIKE, TRUMPET

青森県八戸市生まれ。海上自衛隊大湊音楽隊で6年間トランペットを担当。退官後上京。高瀬龍一氏にジャズトランペットを師事。2004年SONY JAZZから「urb」でデビュー。
「菊地成孔ダブセプテット」「DCPRG」に参加しフジロック等の出演で注目を集める。
2020年にはバンド名を冠にした3枚目となるアルバム「RS5pb」をリリース。「RS5pb」のピアニストでもある中嶋錠二とのユニット「N40°」では2014年にAPPLO SOUNDSよりアルバムをリリース。アニメと映画版の「坂道のアポロン」でトランペットの吹き替えを担当した。

田中邦和 KUNIKAZU TANAKA, TENOR SAXOPHONE

学生時代に楽器に親しみ、数年のビジネスマン生活を送った後にフルタイムのミュージシャンとなる。独学で楽器を修め、あらゆるサックスを演奏する。
甘く豊かなサウンドと、ジャズ、ポップス、クラブミュージックまで幅広いジャンルで培ったスタイルが魅力。楽器の可能性を追求する即興演奏等、体と脳の描く世界を大切に築きあげて来ており、その成果はソロから多種編成にわたる録音作品においても聴くことができる。フジロック、モンタレー、ロンドン、ニューヨーク他国内外のフェスティバルにも参加。

スガダイロー DAIRO SUGA, PIANO

1974年生まれ鎌倉育ち。洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事。卒業後バークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」「鈴木勲 OMA SOUND」で活躍。スガダイロートリオの活動のほか、ジャンルを超えた異色の対決を重ねる。高橋一生 一人芝居『2020(ニーゼロニーゼロ)』のサウンドトラックを手掛けるなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。

石成正人 MASATO ISHINARI, GUITAR

小学生の頃より電子オルガンを習い始め、高校卒業後本格的にギターを始める。セッションを繰り返し1995年に古内東子ツアーに参加、2003年〜平井堅、2013年〜JUJUのBandMasterを務めるほか、スキマスイッチ、槇原敬之、久保田利伸、今井美樹、藤井フミヤ、坂本真綾、ほか様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。サウンドプロデュース、アレンジも手掛ける。

秋田紀彰 NORIAKI AKITA, BASS

東京都八王子市出身。SOIL&”PIMP”SESSIONS、J.A.Mのベーシスト。
ceroの高城晶平によるソロプロジェクト「Shohei Takagi Parallela Botanica」など様々なサポートも行う。寡黙にして雄弁なベースプレイが好評で、皆を虜にしている。


春のはじまる東京で、音楽を楽しむ夜を堪能してください!

thank ÿ٥ϋ(*Ü*)♡

ABOUT ME
atsuko
イベント・ジャズコンサートの企画コーディネーター。ソニー(株)退社後、2015 年秋に独立。ジャズコンサートとリスナーとの新しい出会い方を提案する「小さなコミュニティに "一流" のジャズを届ける企画」に奔走中。活動テーマは『今日が大切な日になるように』